相続税を少なくするための遺産相続時の注意点について

相続税は減額する方法があります

夜のニューヨークの橋を歩く相続トラブルが発生することはつきものです。
相続税を減額する方法にはいくつかあり、その1つが小規模宅地の特例です。
これは一戸建てやマンションなどの自宅に親と一緒に同居している人が相続する場合に、自宅の土地の8割が評価額から減らされる特例をうけることができます。

特例を申告すると相続税はほぼ0となります。

但し注意しなければならないのは亡くなったことをしってから10カ月以内に申告する必要があり、この期限を過ぎると相続税を納めなければなりません。
その後3年以内に申請すれば納めた相続税は返金されますが、相続税を納めるお金を負担しなければなりません。

両親の意志を確認することから始めましょう

遺産相続でもめないためにやっておきたいことは、まず親の気持ちを確認しておくことです。
遺言書に残してもらうことでも良いのですが、直接親がどのように思っているのか、家を誰に継いでもらいたいのかといったことを確認しておきましょう。

資産目録を作って把握することも大切

また資産の内容を把握するのに生前に資産目録をつくっておくことも重要です。
金融機関名と支店名だけでもわかっていれば遺産整理がスムーズになります。
相続税がかかるかどうかをチェックしましょう。
今では多くの相続税計算に関する書籍が販売されているので、税理士などの専門家に相談する前にまずは自身で試算することができます。

自分たちでできることから始めましょう

税理士などの専門家に相談する場合にはどうしても費用がかかるため、まずは自分で資産してみましょう。
資産の結果、相続税を納める必要があるとわかったところで、税理士などに依頼しましょう。
一軒家などわけられない資産についても、相続税の計算には正確さが必要となるため後から追徴課税を税務署から言われないためにも専門家に依頼すべきです。
保険など相続対象となるかどうかは専門家でないと判断できないものもあります。