法定相続人の意味と、相続人になれる人について。

遺産の相続が可能なのは法定相続人のみ

法定相続人とは民法で定められた法律で遺産の相続が認められた人です。
誰でもなれるわけではありません。
該当者や優先順位があり、少し難しいですが説明します。

法定相続人の条件を確認しよう

確実に法定相続人になれる人が居ます。
それは亡くなった方の配偶者の夫か妻です。
次に第一順位の直系卑属があります。
簡単に言うとその子どものことです。
子どもが亡くなっている場合は孫になります。養子でもなれます。
そして驚くべきことに胎児でも生きているならばなることができます。
婚姻関係すらなくても認知さえすれば胎児も立派な相続人なのです。

相続の権利には順位があります

第二順位に直系尊属があります。
第一順位の相続人が居ない場合の話になり、父母や祖父母が直系尊属になります。実の父母も義理の父母も関係なく相続人になれます。
あまりないことですが、父母が死亡している場合には祖父母が直系尊属となります。これは交通事故によるケースが多いと言われています。
第三順位は兄弟姉妹になります。第二順位も居ない場合になります。第三順位も居ない場合はその子である甥や姪がなります。
このようにとても複雑です。
孫や甥や姪が変わって相続人となることは珍しいため代襲相続という特別な名前がついています。

法律上の婚姻関係、親戚関係が必要です

しかし、このように相続すると決まっていますが注意しておきたいことがあります。
それは内縁の夫婦関係では相続人にはなれないということです。
あと認知されていない、非嫡出子もなれません。
なので、法律によってかたく守られた人しかなることはできません。
当たり前と言ったら当たり前です。
故人も自分と親しい人にできるだけ良いように財産を相続したいと思います。
だから遺言書も参考にされることはもちろんですが、遺言が見つからなかった場合にも親しい人が相続できるように決められています。